とうきょうプレイデーは、「すべての子どもが豊かに遊べる東京」を目指すキャンペーンです。

「オキラク」登録の方はこちら

気楽に思いついたことでキャンペーン参加。
ふだんの生活や活動の中に「とうきょうプレイデー」を取り入れてみませんか?
期間中に掲げたロゴの写真をSNSに投稿するだけでもOK。
10/7(日)最終日まで受け付け可能です。ほんの少しの思い付きでも、遊びに行った会場からでも登録可能です。ぜひご参加ください!

 
(個人・ファミリー向け)

・ロゴといっしょに「#tokyoplayday2018」で写真をアップ。
ロゴでステッカー・Tシャツを作って、街なかを歩いてみる。
・「とうきょうプレイデー」に登録されている会場に遊びに行く。
・子ども時代の楽しかった思い出をSNSに投稿。

 

(施設・団体向け)

・施設開園日・活動日に「とうきょうプレイデー」のロゴを掲示。
・イベントや行事の日に「とうきょうプレイデー」のロゴを掲示。
・みんなでオリジナル・プレイデーマンを作ってみる。

 

(こんなことも)

・遊びについて書かれている本を読む。そのリストをSNSで投稿。
・砂浜に「とうきょうプレイデー」と書いた写真を投稿・・・。
 

「チャレンジ」登録の方はこちら

特に、「ふだんとはちがうイベントを仕掛けてみたい」
「遊ぶことの大切さを広く伝える機会を創ってみたい」
という施設・団体・活動におススメです。
もちろん、個人発信の企画も大歓迎です!
10/7(日)最終日まで受け付け可能ですが、お早めにご登録をお願いします。

 

(個人・ファミリー向け)

・遊びについて読んだ本や感じていることをSNSでシェア。  
・公園で通りがかりの人と遊ぶ企画(大なわとびなど)を実践。

 

(施設・団体向け)

・「とうきょうプレイデー」にちなんだイベントを施設で企画
・まちの中(市役所庁舎中庭や駅前広場など)で遊び場を開催。
「子どもの遊び」をテーマに講演会や学習会を開催。

 

(学校・教育機関向け)

・「遊び」をテーマにした授業や業間休みの企画を開催。
・動画「プレイデーマンの作り方」からプレイデーマンを制作。

 

(こんなことも)

「とうきょうプレイデー」オリジナル曲を作曲して配信・・・。